2008年3月29日土曜日

H20.3.29の風景

ここ最近天候がいまひとつすぐれず入荷がほどほどな広島中央卸売水産市場。
今日も微妙な天気で漁師さん達の顔も今ひとつと言った所。
こういう状態のときは魚の相場はやや高止まりな傾向になってしまいます。

2008年3月19日水曜日

H20.3.19の魚市場

 前日の昼間の好天のおかげで豊漁の広島中央卸売魚市場、
しかし天気の神様は気まぐれです。競りの準備中から雨が降り出し土砂降りに。
そうなると魚屋さん達はお客様の出足を予想して競りな低調な滑り出しなってしまいました。
こういう状態を市場用語で雨市(あめいち)と申します。
魅力ある品物ですがお買い得な値段で落札されていきます。
すこし面倒ですが傘を挿してお買い物は如何でしょう?お買い得かもしれませんよ!

2008年3月13日木曜日

H20.3.13の風景


前日水曜休みだった広島市場、2日続いた好天で市場の水揚げも活気づきます。
今日は地物のあじ、さば、えび、かに、はまち類が豊漁でした。
好天はもう一日続いて週末からは荒れそうな雰囲気。
豊漁でお買い得なぴちぴちのお魚は明日までに!

2008年3月11日火曜日

H20.3.11の風景

今日入荷は順調な市場でした。だんだん冬の魚から春の魚へと
獲れる魚種が様変わりしていく時期です。
写真は一本釣りの漁師さんの水揚げ風景。
さわら、すずき、ひらめ、たい、まごち、めばるなどが釣れていました。
釣りの魚は傷がつかず、肉質も良いので良価格で取引されます。

2008年3月10日月曜日

H20.3.10の風景

今日は競りの最中は雨が土砂降り。レンズにも吹き込んだ雨がついています。
漁師さんが操業中には雨は酷くなかった様で入荷は全体的にまずまずでした。
下の写真は呉沖で水揚げされている”まごち” 味の濃い綺麗な白身はお刺身や漬けにして
お茶漬けが絶品です!3月一杯安定して水揚げされる広島の味です。

3月一杯安定して水揚げされる広島の食材のひとつです。

2008年3月8日土曜日

H20.3.8日の風景

広島中央卸売市場は港に隣接しています。
広島の台所を支えるため日本全国から沢山のお魚が集まりますが、
地元広島の漁師さんもまだまだ負けてはいません。今日も新鮮な頑張って地場の魚を
水揚げして下さいました。今日の市場は前日の天気を象徴するかのようにまあまあの入荷。
ほんと魚は天気の神様に左右されます。

2008年3月6日木曜日

H20.3.6の風景

今日は久しぶりに好天に恵まれて活気のある入荷でした。山口産の活いかの競りも大盛況。
明日も好天に恵まれて漁師さんは大張り切りで出漁しています。週末にむけて新鮮でお手頃な
お魚が店頭に並びそうです!お楽しみに!

2008年3月5日水曜日

H20.3.5の風景

水曜日は昔魚屋さんの定休日でした。いまはその慣習も薄れてきましたがやはり昔からの漁師さんは
休みがちです。そこへ春の風も加わり市場も閑散としてしまいました。寂しい市場です。

2008年3月4日火曜日

H20.3.4の風景


今日も海は荒れ模様、魚の水揚げは少々少なめ。市の管理係の方の視察もちょっと物足りないご様子
です。衛生管理の抜き打ち検査などのご尽力により広島の食卓に安全な魚が届けられます。

2008年3月3日月曜日

H20.3.3の風景

今日の市場は久しぶりの大漁節。漁師さんもほくほく顔でした。値段もお手頃!
競りにも活気が溢れます。しかし海の神様は気まぐれ。
良い天気は一日だけだそうです・・・・・。

2008年3月1日土曜日

H20.3.1の風景


月が替わって春の市場初日スタートです。しかしまたも風と波が強く、

海の神様はなかなかご機嫌がよくなりません。

週末ともなればお魚の需要も高く、強含みの相場でスタートとなりました。